ぼくの村の話5巻【電子書籍】[ 尾瀬あきら ]

   

<p>戦いが苦しくなるにつれ、みんなの心がひとつになっていくーー。

風景が死んでいくにつれ、人間が生き生きとしてくるーー。

反対派の心のよりどころだった御料牧場(ごりょうぼくじょう)が消え、今やこの闘争は人間の尊厳と農民としての誇りを守る戦いになっていた!! 来年4月の開港を阻止するため、子どもまでもが学校を休み、運動に参加することになった。

だが、それを見かねた教師たちは、母親たちと話し合うことになり……。

衝撃の第5弾!!</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。

※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。

※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。

※このページからは注文できません。

  • 商品価格:648円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)